生理2日目にセックスを求めるな!

PMSでイライラして子供に当たってしまう

PMSの症状で私が特に悩んでいるのは、仕事で他人にあたってしまうこと

 

もし、PMSが今月から急になくなったとしたら
ストレスを感じなくなり、ちょっとしたことでも怒らなくなる

 

男性には、PMSの辛さはわからないんだろうなぁと思った体験談

一回も生理になったこと無いくせに痛いのかわいそうやな、
見たいなの言いよんけどまじで一回なってみろ
お前ら男が経験したことの無いくらいのおなかの痛みとダルさ味わってみろ。

 

思ってもないことを簡単に言うな!!
生理前でご飯作ったり、洗濯したり、掃除したり、
ましてや仕事もしよんのやけん「家が汚いとか、なんか味が薄いとか洗濯物たまちょんとか言うな!!

 

文句があるなら自分で動け。。
生理なんかいらんいらんいらんいらんくそくそうそくそくそくそ情緒不安定にだってなるんだよ。

 

うちの気持ちもわからんで勝手にきれんな馬鹿
毎回毎回あんたの言うことばっか聞けるかってタバコもやめてますますイライラするわ。

 

たまにはわがままだって言いたいし寂しい時だってある。
地元にも帰れんでつらいにホルモンバランスくずれて肌があれるわ

 

2日のときにきついっていいよんにセックスを求めてくるなよ。
血がでて不潔やろうがそんなにしたいなら風俗いけや、
おなかをさするとか気の聞いたことを仕切らんのか自分のことばっかり考えて
他の人のことを考えきらんのかいい年しておかしいいんやないん!!
そんなんやったらほかのひとと付き合ったときすぐわかれてしまうで少しは気持ちを考えろ

関連ページ

PMSの症状眠気が強すぎて起きられず,シーツが血だらけに
PMSの症状として、わたしが特に悩んでいるのが眠気が強すぎて起きられず,シーツが血だらけになること
PMSイライラして旦那とけんかしたり、子供に怒鳴ってしまう
女子って大変!! どうしても生理前になると、普段は穏やかな私(笑)でも、何かとかんに障ることが増える。 生理前だから、自分でもわかってるけど、ニキビや肌荒れについて指摘されると、イライラするー!
PMSで仕事が進まない、ひどい時は仕事を早退したり、休んだりする
上司が男性の場合は説明し難いです。男性に生理周期による体調不良を話しても、眉をひそめながら話を聞かれます。説明しても、女性が周期によって感情の起伏が激しくなることはわかっていても、心身の不良になるつらさはなかなか理解できない様子が見て取れます。私の場合、生理痛も酷いので、仕事がはかどらない時期の波が月に2回あり、さぼりぐせがあるのでは、仕事が出来ていないのではと疑われ
PMSで気分が落ち込み涙もろくなる
生理中でも「生理は病気じゃない」とか、「生理休暇はずるい」という男性がいるくらいなのだから、生理がまだ起こっていない状態だと何が大変なのかわかってくれない。 先週まで気にならなかったことが気になるようになったり、昨日まで普通に朝起きられていたのが起きられなくなることを理解してほしい。
PMSでイライラとやる気低下で仕事の効率がおちる。
学生時代の話しになりますが、生理前で体とてもがだるく、腹痛や頭痛もあったので、その日は放課後の部活は休んでささっと帰ろうと思っていました。 今日の部活は休んで帰る旨を部活の顧問の先生(女性)に報告しに職員室へ行ったら、ちょうどその日は顧問が休みでした。 仕方がないので副顧問の先生(男性体育教師)に報告しに行くと、
PMSで体がだるくて彼を拒んだら寂しがられた…
男性にはわかってもらえないでしょうが、女性は毎月いろんな波に襲われています。眠気や体の痛みなんか自分の意思ではコントロールできないのです。でも毎月ある時期になるとやってくるのです。それを意味がわからないといって邪険にしないでください。
PMSでイライラけんかしてしまう
私も毎回PMSを経験しているので、自分でもわかっています。 一番ひどいのがイライラなので、人に当たらないように、すぐに怒らないようにと自分を抑えてるつもりです。
PMSでイライラして子供に当たってしまう
私の場合、男性は男性なんですが、あろうことか産婦人科の医師に心ないことをいわれてしまったんです。 今の家に引っ越してきて、環境にも慣れず、新しくパートもはじめたのですが、ストレスでしょうか、生理前のイライラや落ち込みが顕著になり、思い切って婦人科を受診しようと思い、県内でも評判の病院に行ってみました。
PMS便秘で腹痛が辛いし生理前だからって説明もしにくい
毎月くるPMSの辛さを男性(おもに旦那)は全く理解してくれません。 イライラしたくてしているわけではないのに、なんでそんな態度なんだ!! 子供がかわいそう、感情で怒るな!!と一方的に私のほうが責められてばかりです 生理前だから、と説明しても

このページの先頭へ戻る